サロンの脱毛って痛いんでしょ?

脱毛・ムダ毛処理のウソ・ホント > エステと自己処理の真実 > サロンの脱毛って痛いんでしょ?

サロンの脱毛って痛いんでしょ?

各種脱毛方法で一番気になるのは費用ですよね。
それに負けず劣らず、選ぶときの基準とされているものがあります。
処理時の痛みがあるかどうかです。

 

特にサロンでの光脱毛や医療レーザー脱毛では、大なり小なり痛みが伴います。
もちろん軽減するためのジェルや冷却をしてくれますが、痛みに敏感な人は毎回我慢するのがイヤで、通うのをやめてしまうこともあるとか。
「キレイにしたい、でも痛いのはちょっと……」という場合は、機械の出力を調整してもらいましょう。
あまりに弱すぎると通う回数と費用が多くなってしまいますので、全く痛みを感じなくなるレベルにするのはちょっと難しいかもしれませんが、調整そのものには応じてくれるはずです。

 

一般的に光脱毛のほうが痛みは弱いとされています。
程度としては「ちょっとチクッとしたような感じ」と答える人が多いですね。
医療レーザーの場合はもう少し強くて、よく「輪ゴムで弾かれた感じ」と表現されます。

 

また、脱毛するパーツによっても痛みは違ってきます。
多くの人が痛いと感じるのは、VIOラインとワキ。
人気のパーツですが、意外に痛みを感じる人が多いんですね。
どの脱毛方法でも、クリニックでは希望すれば麻酔を使ってくれるところもあります。
特に絶縁針脱毛は最も痛いと言われていますので、もしかすると最初から麻酔を使うのが前提になっているかもしれません。

 

「どうしても、一瞬でも痛いのはイヤ!!高いのもイヤ!」という人は、光やレーザーでの脱毛ではなく除毛クリームを使ったお手入れをオススメします。
皮膚表面の毛を溶かすクリームなので、機械での脱毛よりも長持ちはしませんが、痛みはほぼありません。
剃毛でも良ければ、電気シェーバーという手もあります。

 

また、生理中・直前・直後と妊娠中は女性ホルモンのバランスが変わり、お肌が敏感になっているためこの時期を避けて脱毛すると、痛みを軽減できるかもしれません。
良心的なサロンやクリニックでは、施術を断られることもあります。
こうした時期にどうしてもムダ毛のお手入れをしたい場合は、カミソリやヒートカッターなどで剃るか切る程度にしておいたほうがいいでしょう。

 

除毛クリームであればどんな時期でも問題ないそうですが、やはり肌が敏感になる時期は少しずつ処理したほうが無難です。
焦って肌を傷めてしまったら意味がないですからね。
特にVIOラインは粘膜がすぐそこにありますし、毛が太いためもともと脱毛しづらい部分ですので慎重に。

エステと自己処理の真実

有名エステ

最新記事

Copyright  脱毛・ムダ毛処理のウソ・ホント  All Rights Reserved